618691ff
NYダウが強く日経平均が弱いのは過去30年続いてきたこと

 NYダウ平均株価が強く日経平均が弱いのは、今に始まったことではない。日経平均が、バブル相場で最高値(3万8915円)をつけた1989年12月末から比較すると、日米の株価パフォーマンスには以下のような差がついている。

日経平均・NYダウの動き比較:1989年末~2019年2月(19日)
 img_e8326349183cd3cc39e1c4554fec03c586124

上のチャートを見ると、NYダウがバブルのように見えるがそうではない。バブル相場では、利益を無視して夢だけで株価が上昇するが、NYダウは利益を無視して上昇してきたわけではない。

1株当たり利益の増加を反映して上昇しただけである。

株価の割安度を測る代表的な指標にPER(株価収益率)がある。1株当たり利益の何倍まで株価が買われているかを示す。世界各国の主要株価指数はだいたいPER 10~20倍の範囲で評価されてきた。米国株のPERはだいたい13~20倍の範囲で推移してきた。

現在約17倍で米国株に特に割高感はない。

米国では2010年以降、利益も株価も継続的に上昇してきた。シェールガス・オイル革命、ITインフラ支配、大型減税などによって、米国企業は利益を拡大させ、それに伴って株価が上昇してきたといえる。

(出典:https://japan.zdnet.com/article/35132987/2/)
SPONSORED LINK


昨今では、様々なメディアで「アメリカ株VS日本株」が報じられることを目にする機会が増えて来ました。

それらを読んでいると、アメリカ株に共通する認識は「正当な株価上昇」であって、日本のバブル期だったり、ビットコインのような実態の無い空虚の熱狂では無いことが必ず記されています。

そもそも、バブルというのは泡のことで、中身がないのに大きく膨張し、やがて破裂して跡かたもなく消えることを意味します。

つまり、経済に置き換えれば実体経済実力以上に株価が膨張し、ある時ふくらみきった泡が破裂することを揶揄して付けられた用語なのです。

たとえば、1989年の日経平均最高値3万8,915円はまさにバブルの頂点でありましたが、この時のPERは80倍にも膨らんでいました。

適正値が20倍で、2019年の今現在が13倍なので、いかに当時の株価が異常であるかが分かるでしょう。

一方、NYダウは17倍なのですが、そもそも適正値20倍より下の水準なので、ここまで株価が上昇しても米国株は未だ割安だと言えます。

つまり、NYダウが買われ過ぎなのではなく、アメリカも日本も同じように「適正値内で」きちんと買われている健全な水準で大きな差が付いているわけなので、日本株が米国株に追いつくためには80年代のような実体無きバブルでも起こさなければ不可能です。

日銀やGPIFも大量買いしているのに、ここまで割安に放置されている日経平均は、もはや外国人投資家からも見放されているということで、贔屓目に見てもオワコン指数だ。

日経平均は完全にオワコンだよね

SPONSORED LINK