A94F0878-5C31-4F97-BA92-8EC32C57FADB
ポートフォリオに加えるべき、安定の高配当大型株 

石油メジャーのひとつであるロイヤルダッチシェル(RDSB)を、今年のNISA枠で30万円分買い増ししました。

スクリーンショット 2019-02-05 0.07.07

本銘柄は7%の高配当であり、さらに米国株ADR(イギリス株であるが、アメリカ市場に上場する株)なので現地課税がゼロ円と、NISAと非常に相性が良いです。

そのため、NISA枠を使うのであれば最適な銘柄のひとつであり、5年間も安定した非課税の恩恵を享受出来ます。

SPONSORED LINK


20B6A64F-77AD-4B5B-83CE-FF2CE6E6380B
原油は人類の生命線、無くなることはない 

ロイヤルダッチシェルは先日2018年12月期の決算を発表したばかりで、内容は良かったです。

中でも注目されたのが純利益が前期比80%増の233億5,200万ドルのサプライズで、株価は3日続けて急伸しました。

背景としては、原油価格やLNG(液化天然ガス)の値上がりでした。

石油メジャーは資源価格に左右され易く、昨今のシェール革命によって業績も打撃を受けていました。

しかし、原油やガスは世界中の人々にとっての生活インフラであり、価格の回復はある程度想定されたものでした。

とはいえ、ここまで急激な利益回復の裏には、同社の賢明なコスト削減の効果が大きく、6年ぶりの高水準の利益となったのです。

裏を返せば、原油が下がり続けた時も、同社は経営効率化を突き進め、株主に安定した配当を支払うことを証明した形となり、投資先の企業として非常に信頼性が高まった。

同社のCEOは決算コメントで「2019年も力強い利益を追求していく」と、今後も収益拡大へ自信を見せつけています。

今年のNISAでぜひ買っておきたい銘柄のひとつとして、検討してみると良いでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK


「石油」の終わり エネルギー大転換
松尾 博文
日本経済新聞出版社
2018-02-17