72CF7CD3-8DFE-49FE-B189-7FDFC494B34E
憧れだけでは始まらない!思い切って転職してみては? 

総務省によれば、2018年の有効求人倍率は年平均で1.61倍となりました。

この数字は前年を0.11ポイント上回るもので、1973年以来実に45年ぶりの高水準を記録しています。

そもそも「有効求人倍率」というのは、企業が人材確保により求人を出す数と、就職したい人の数で割って算出し、倍率が1を上回れば人材を求めている企業が多く、倍率が1を下回れば就職したい人が多い(仕事が無い)状態であることを示します。

つまり、1.61倍というのは圧倒的に企業が働いてくれる人を求めている「超絶売り手市場」を指します。

人手不足な時は、超大手企業でも人手不足でガンガン求人を出すために、どうにか自社に入社してもらうために高額な給与報酬や、ホワイトな待遇を提示してくれ易くなります。

そのため、裏を返せば「あまり能力が無い人」であっても、憧れの大企業に入社出来る可能性が高まります。

45年ぶりに有効求人倍率が1.61倍というのは、もはや一生に一度の大チャンスであって、今動かなければあなたの年収はこの先永遠に上がらないでしょう。

SPONSORED LINK


1056DEFA-A858-4745-87EB-A39C580DACBC
年収を上げたいなら、行動しなければ始まらない 

同じ会社に居れば、社員は立場が弱く、経営者が強いので年収交渉しても大幅な給与UPは難しいでしょう。

しかし、転職は違います。

売り手市場というのは圧倒的に求職者が有利だし、求人を出している企業も「人に来て欲しい」と考えているために、想像以上の年収を提示してもらうことも実はカンタンです。

あなたがいくら優秀であったとしても、優れた能力を持っていたとしても、年収の上がらない会社にいたら、永遠に年収など上がることは無いのです。 

そのため、あなたがもし、年収がいつまで上がらない会社で働いている場合、転職がオススメなのです。

マイナビ・エージェント」ならば、転職のプロによる「転職活動サポート」を完全無料で受けられます。

転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートしてもらうことが可能です。

少しでも給料や待遇に悩んでいるのであれば、完全無料のプロの転職エージェントに相談して、自分のキャリアプランを再考してもらいましょう。

そもそも、転職というのはチャレンジするのはタダですし、仮に失敗しても元の会社で働き続ければ良いだけなので、むしろチャレンジしない方が損だとは思いませんか?

あなたがもし今の会社や待遇に悩んでいるのであれば、まずは下記リンクから無料登録だけでもしてみましょう。

マイナビ・エージェントに無料登録する

転職は挑戦するのはタダ!受かって年収上がればラッキーでデメリットなし

SPONSORED LINK