スクリーンショット 2019-01-27 16.32.19
面倒な確定申告が一切不要な仕組みもある 

公的統計やマーケティングリサーチを業務とするインテージリサーチ社によれば、ふるさと納税の認知率は97.5%であり、日本人のほぼ全員が制度の名前自体は知っていることが分かりました。

しかし、実際にふるさと納税をやったことがあると答えた人はたったの10.1%であり、人数に換算すれば10人に1人しかやっていないことが露呈したのです。

ふるさと納税未経験者に同制度をやらない理由を聞いたところ、「申し込みの仕方がよくわからなかったから」が最も多く、続いて「確定申告が面倒だから」、そして「制度がよくわからない」と続きました。

ふるさと納税は完全ノーリスクで130%トクをするのに、情弱の庶民たちは1ミリも勉強しようともせず、重荷にしかならない税金を易々と支払い続けている。

しかし、その割には庶民は1円でも安い食材を求めて遠くのスーパーに繰り出したり、節約と言って100円ショップで使いもしないような小物を大量買いしていたり、トクなんだか無駄遣いなんだかよく分からない行動を取る。

SPONSORED LINK


d25119-66-495134-2
ふるさと納税なら「さとふる」がオススメ 

ふるさと納税なんて、Googleという目の前の魔法の箱に「ふるさと納税 やり方」と検索すれば一発で分かるし、ワンストップ特例制度と呼ばれる確定申告不要の仕組みを利用すれば、カンタンにふるさと納税は完了します。

そのため、今年からでも遅く無いので「まだやったことない」という人は、今すぐにでもふるさと納税に挑戦してトクをしてみましょう。 

そもそも、ふるさと納税とは全国の自治体を選んで寄付をすることで、2,000円を除く寄付金全てが所得税・住民税から控除される制度で、つまり納税と言いつつも、一切ソンすること無くトクが出来る制度になっています。

具体的に、この制度の最もオイシイところは、寄付した自治体からその土地の特産品がタダ同然で貰えてしまうところで、たとえば年収500万円あるとして今年6万円(年収に応じて寄付額上限あり)の寄付をしたとします。

その場合、2,000円を引いた58,000円が今年の所得税から還付、翌年度の住民税から控除されます。 

ふるさと納税をすれば、全国のお米、牛肉、うなぎ、いくら、カニ、ビールなどの特産品が貰えるので、これらを合算すれば戻ってこない2,000円など、もはや余裕で回収出来たも同然です。

たとえば、お米が欲しいのであれば、ふるさと納税の相場として1万円の寄付でお米10kg貰えますが、10kgはスーパーで買うと安物でも2,000円以上、ブランド米なら3,000〜4,000円するわけです。

そのため、極論1万円の寄付をするだけで、元を取った上に圧倒的にトクをするという計算になり、寄付した分で得た特産品はすべてタダで貰ったことになります。

ふるさと納税をするならば、テレビCMでも話題で、2年連続ふるさと納税サイト認知度No.1、利用意向No.1を獲得している「さとふる」がオススメです。

ふるさと納税の申込みをネットでポチッとカンタンに行えるので、初心者の方も安心してふるさと納税が出来ますよ。

▼▼タダ同然で返礼品をもらう▼▼
 

ふるさと納税の申し込みは、1月1日から12月31日までです。

そのため、今年分の納税は既に絶賛受付中です。

少しでもお金を浮かすためにも、今すぐ130%トクする節税を「さとふる」で始めましょう!

やってる人、やらない人で大きく差が付く制度だよね

SPONSORED LINK