E50117DD-F3D3-4357-A754-9EFD781225DF
家賃は安ければ安いほど、お金が貯まって良い 
HKT48メンバーから指原さんにからむエピソードも飛び出した。

指原さんのお下がりのブランドものを大量にもらって「指原成金」と呼ばれているという村重杏奈さん(20)は、

「このまま家賃も払ってほしい」

と懇願。劣悪な住環境を訴えると、指原さんは「地獄に住んでるのか?」とドン引きしていた。

家賃を聞かれた村重さんは、

「(首都圏よりも相場が安い)福岡での家賃ですけど、3万5000円です!」
「ほんとに、さしさん、お願い。独立洗面所がほしい」

と訴えた。

指原さんが「地獄に住んでるのか?」と驚くと、村重さんは改めて

「もう福岡に帰ったら地獄ですよ、ほんとに。(東京に仕事に来たときに泊まる)ホテルの方が立派ですもん」

などと力説、村重さんの家に行ったことがあるという植木さんが

「ほんとワンルームで2畳半ぐらいで...」

と説明し、村重さんは「身動き取れないですもん」と改めて嘆いた。

「福岡ですから!福岡で3万5000円っていったら...」

一連のやり取りを聞いていた他の姉妹グループのメンバーが意外そうな表情をしているのを、指原さんが「後ろでメンバーが『へぇ~』ってなってる」と指摘すると、

村重さんは「そりゃそうですよね?みなさんお金持ちですから」といじけた様子。

それをよそに、指原さんは

「福岡ですから!福岡で3万5000円っていったら...なんでこんなに必死のフォロー...?悲しい。泣いちゃう。もういいや、頑張って」

と収めていた。

(出典: https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-169967/)

SPONSORED LINK


基本的に、東京や大阪以外の地方は首都であっても家賃は比較的安めです。

そのため、福岡の家賃相場35,000円は、そこまで劣悪な環境なのか?と言えば、実はそこまで劣悪なものでも無いのかもしれません。

今は少子高齢化で入居者が少ないため、古い建物でもリノベーションされた物件も多く、昔と比べて入居者ファーストの物件も増えているためです。

たとえば、「福岡の今を伝える」とあるブログによれば、福岡一の繁華街・天神から電車でひと駅の好立地で、1DKのマンションで3.8万円だったとのこと。

FA88E2C9-7F24-4031-B2AF-B1861E2E90CD

東京から移住した田中ゆいです。今回は引越しのお金の話です。

正直言って私は大正解の引越しをしました。今住んでるところ、1DKのマンションで3.8万円です。エレベーター付きの物件で部屋の広さは24平米。最寄り駅は勤め先の本屋がある天神駅から1駅の赤坂駅。

で、3.8万円です!!! めっちゃ安い!

若者が集う福岡一の繁華街・天神から電車でひと駅、徒歩でも15分という好立地。近くには24時間営業のスーパーがあるし、大名というおしゃれな飲食店エリアにもすぐ、“親富孝通り”というクラブが立ち並ぶ夜遊びスポットもすぐ。とても便利です。東京で言えば神泉(渋谷のお隣)に住んでるみたいな感じです。

東京時代は、下北沢の1K木造アパートで6.9万円。下北沢駅から徒歩5分で、建物は古かったけど大きい窓が気に入っていました。でも差額3.1万円だもんな〜

福岡マジで安い。

(出典:http://hash.city.fukuoka.lg.jp/ijyu-yui/archives/3)

たとえ3万5,000円の家賃でも、福岡ならば探せば良い物件は見つかる可能性は高いでしょう。

そもそも、お金持ちになりたければ住居費は可能な限り抑えることは重要です。

大抵の人は住居費に毎月10万円以上のお金を使いますが、手取り20万少しのサラリーマンが多い中、でこれだけのお金を垂れ流すのはハッキリ言って情弱です。

これでは豊かになるために働いているのか?家賃のために働いているのか?ワケが分からなくなるためです。

裏を返せば、家賃を抑えればその分余裕が生まれるわけで、毎月10万円払っていたとするならば35,000円なら毎月65,000円も節約出来るということです。

つまり、家賃を抑えるだけで年間80万円も新しいお金が生まれるということであり、何もしてないのに年収80万円が増えたと同義です。

大抵の人は仕事をしているので、家なんて帰って寝るだけです。

そのため、家賃は出来るだけ安く抑えるに越したことは無い。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK