28cf710e
中国人の"爆買い"は、まだまだ続いている 

中国人の爆買いブームが沈静化してから、日本に旅行に来る中国人の話題はメディアからすっかり息を潜めましたが、未だに中国の日本ブームは健在です。

訪日外国人の国別ランキングでは中国人が700万人と第1位で、続いて韓国、そして台湾と続きます。

中国人が日本に来る目的として大きいのが、日本製の商品を買うことです。

中国ではモノの品質が劣悪か、バカ高いかのどちらかでしかなく、日本のように「安いのに高品質」というものがありません。

そのため、中所得者以上の中国人は、日本で様々な商品(食料品や家電、美容品やマスク等)を買っては自国に持って帰り、定期的にまた日本にやってくる。

SPONSORED LINK


FOREIGN201502261038000221668478471
中国人向けの福袋も用意されるほど、福袋は人気 

さて、つい先日ライブドアニュースが「日本で福袋を買った中国人が"日本人にハメられた"と怒っている」という記事を掲載していました。

記事によれば、日本に訪れた中国人が日本の風物詩とされる福袋を孫のお土産に買ったところ、なぜか中国製が入っていたことに怒り心頭となったとのこと。

福袋を購入したのは団体旅行で訪日した中国の中年女性だ。

日本を訪れたのは今回が初めてだったようで、日本国内で見るもの全てが新鮮に映ったそうだ。初めて訪日した中国人の大多数が抱く感想と同様に、この中国人女性も「日本は非常に清潔」で「街には秩序があった」と感想を述べている。

そして、新年の初売りが行われているタイミングで商業施設を訪れたという中国人は、物珍しさもあって1ー2万円で売られていた福袋を購入したという。

当初は何が入っているのか分からないことが不安で、他の客が購入した福袋の中身を観察していたというが、他の客の福袋に有名スポーツブランドのウェアが入っていたことで「自分も買ってみよう」と決心し、3人の孫のために福袋を3つも購入したそうだ。

中国帰国後、福袋は孫にプレゼントとして渡されたようだが、孫から「おばあちゃん、なぜ日本に旅行に行ってきて中国製を買ってきたの?」と質問されたという中国人女性。

実際に福袋に入っていた製品のタグを見てみると確かに「Made in China」と書かれていたそうで、この中国人は「どおりで安いわけだ。中国製を売りつけるなんて、日本人に騙された」と怒り心頭だったという。

(出典:http://news.livedoor.com/article/detail/15833984/)

とはいえ、日本で売られている製品は日本の厳しい品質基準をクリアしたものしか輸入出来ないため、中国に出回っている「中国製」と日本に出回っている「中国製」では実は大きな差があります。

そのため、中国の富裕層の間では、わざわざ日本の通販サイトから中国製を注文するという「逆輸入」が流行っていたりするのです。

しかしながら、日本人にとっては中国製は日本製と比べると、お世辞にも高品質とは言えないため、やはり福袋は在庫一掃セールの詐欺袋である場合も多く、この中国人の主張は正しい。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK