holiday_02
日本の有給取得率は、先進国で最悪最低 

有給休暇の付与は法律で決まっていて、業種や業態に関わらず、正社員やパートなどの差別無く、全ての労働者に与えられる権利となっています。

そして、使用するのも労働者の権利であり、雇い主は労働者が指定した日に有給休暇を与えなければなりません。

とはいえ、今の日本の有給休暇は「絵に描いたモチ」状態となっていて、諸外国と比べて消化率は最悪です。

たとえば、世界最大のオンライン旅行サイトを運営するエクスペディアの有給休暇国際比較調査2018によれば、日本の有給取得率は3年連続で世界ワースト1位となっていて、フランスが100%、イタリアが75%、アメリカが71%と並ぶ中、日本はなんとたったの50%でした。

日本人がこれほどまでに有給消化が出来ない背景には、上司が休んでいないから休みを取りづらかったり、職場の人に迷惑をかけるだったり、有給申請をすればやる気が無いと思われて評価が下がるといった、日本独特の「空気を読まなければならない圧力社会」があるとされます。

そのため、たとえ有給が毎年付与されようとも、そもそも有給が全く消化出来ていない人がいて、有給保有上限値40日を突破して泣く泣く「切り捨て御免!」になったりしているわけです。

SPONSORED LINK


03
日本は"空気読む文化"で労働者同士が首を絞めあっている 

しかし、NIKKEI STYLEによれば、2019年4月から新ルールが法整備されることが分かっており、国の強制力によって有給休暇が取りやすくなるなるとのこと。

有給休暇が取りやすくなる 19年4月導入の新ルール

2019年4月から、すべての企業において、年10日以上の年休が付与される労働者について、年5日は使用者が時季を指定して取得させることが必要となりました。

例えば、4月1日に入社したフルタイム社員は、同年10月1日に10日の年休が付与されます。これを基準日として、翌年の9月30日までに、5日について時季を指定して年休を取得させる必要があります。

これまでのように本人の申し出を受けるばかりでなく、労働者に希望を聴き、その希望を踏まえて時季を指定して与える点にポイントがあります。

もっとも労働者が自発的に5日以上の年休を取得している場合は、使用者による時季指定の必要はありません。このため、従来から年休の取得率が高く5日以上は必ず休みを取っているような職場では、それほどのインパクトはないかもしれません。

しかし、なかなか年休が取りにくく、取得率が低い職場では、会社側としては年5日の年休を取ってもらうための対応策を考えてくるでしょう。

(出典:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO38467910T01C18A2000000)

そもそも、有給消化が取れずに悩んでいるサラリーマンは、いっそのこと空気を読まずに思い切ってガンガン有給取得してみると良いです。

なぜなら、空気を読んだところで給料が上がるわけではないし、上司なんて数年でいくらでも代わるためです。

「明日客先でプレゼンがある」

などは別ですが、特に予定が無かったらガンガン消化した方がリフレッシュになるし、仕事の生産性は上がります。

万が一、それで文句を言われたり、有給を取らせてくれない会社にいるのであれば、それは労働者を奴隷としか考えていない企業である場合が多いので、このご時世真っ先に転職してしまうことをオススメします。

今の時代、いくらでも良い会社はあるし、アベノミクスで空前の売り手市場になっているため、良い会社に巡り会える可能性は高い。

なお、転職の相談ならば「DODA」の転職エージェントを活用することがベストです。

転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートしてもらうことが可能です。

また、必要に応じてキャリアカウンセリングを受けられます。

分からないことを転職のプロに相談できるため、転職活動が不安な方でも安心して転職活動を進めることができます。

▼▼▼dodaに無料登録してみる▼▼▼
doda

<DODAの転職エージェントの魅力>
■応募書類のアドバイス
人事担当者をひきつける履歴書・職務経歴書を書くための秘訣をていねいにアドバイスします。

■応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押し
履歴書・職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を、推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書・職務経歴書に添えて企業に応募します。

■面接前後のきめ細かいフォロー
DODAでは面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを転職のプロが直接アドバイスします。

▶︎ 業界最大級の求人数と豊富な公開求人!DODA 

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK