スクリーンショット 2019-01-12 1.20.28
今話題のテーマ投資とは?
ダウンタウン松本人志氏出演のCMが、絶賛放映中のFOLIO(フォリオ)。

FOLIOは「VR」や「京都」など、多彩なテーマを選んで複数の企業にカンタンに投資ができる、全く新しい形の投資です。

業界でも話題沸騰になっていて、初心者でも分かり易い投資が可能なので入門編にはうってつけです。

日本のみならず、テーマごとに世界中の有望な企業の株が含まれているため、自動的に世界分散をしていることにも繋がります。

1つのテーマには10種類の株が入っていて、分散投資が効いていきます。

そのため、1つの銘柄の株価が下がった場合でも、他の9つの株が下支えしてくれるので、リスクはかなり小さくなります。

最低投資金額も10万円前後とお手頃です。

■FOLIOの特徴
スクリーンショット 2019-02-16 1.18.57

現時点では全80種以上のテーマに投資できます。

テーマは多彩で、たとえば京都だったらインバウンド関連銘柄が10種類含まれます。

「好き」「応援したい」という気持ちだけで、リスクを抑えた投資ができ、さらに定期的にフォリオが提案する最適な資産配分の比率変更や、テーマに沿った最適な銘柄を維持するための銘柄変更を提案してくれます。

その都度自分で判断してリバランス注文をおこなうか行わないか決められます。

オススメポイントをまとめてみます。

cf59fd32
FOLIOのオススメPoint!!

  1.企業ではなく「テーマ」でえらぶ
 
  2.有望企業10社にリスクを分散
 
  3.分散投資を10万円から
 
  4.運用中のサポートも充実
 
  5.資産運用のための美しいデザイン
 
  6.業界最低水準の手数料(0.5%)

■FOLIOの「おまかせ投資」
スクリーンショット 2019-01-12 1.29.38

フォリオにはロボアドバイザー「おまかせ投資」という機能があり、これはプロフェッショナルな資産運用をすべて自動で行えるものです。

ノーベル賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」に、フォリオが改良を加えたアルゴリズムで運用します。

「おまかせ投資」では、時間と手間のかかる資産運用をロボたちがすべて自動で実施してくれるため、今まで投資を経験したことがない人でも、プロレベルの分散投資をかんたんに実現できるようになるのです。

そもそも、一般的に資産運用を行う場合は「資産運用の計画 → 金融商品の選定 → 商品の購入 → モニタリング → メンテナンス」など、たくさんの手間と時間がかかります。

フォリオの「おまかせ投資」であれば、10秒で終わる資産運用プランの診断を行うだけで、最適な資産運用方法が提案され、そのまますぐに運用を始められます。
 
運用中の資産は自動で最適なカタチに調整されるので、一度運用を開始したら何もすることはありません。
 
将来のためのお金を育てながら、自由になった時間を有効活用することが可能となるのです。

■テーマ投資の始め方について
スクリーンショット 2019-02-16 1.20.41

テーマ投資はスマホ1つでカンタンに始めることが可能です。

まず、様々なジャンルから好きなテーマを探してみましょう。

そして、テーマをカートに入れて注文をタップ!

手順はこれだけで完了です。

あとはテーマごとの資産運用を楽しむだけです。

分からないことがあれば、FOLIOが親身にサポートしてくれます。

■運営会社「株式会社FOLIO」について
0241

株式会社FOLIOは、2018年1月に70億円の大型資金調達に成功、そしてこれまでに91億円もの調達をしています。
 
10月にはLINEと提携し「LINEスマート投資」をリリースし、11月には新サービスのロボアドバイザー「FOLIOおまかせ投資」をリリース。
 
「テーマ投資」という独自のサービスを持ちながら、今注目されているロボアドバイザーへも展開することから、今後の金融業界に大きな影響を与える注目の会社であると言えるでしょう。

ちなみに、投資家の負担になりそうな運用手数料や口座管理手数料は一切かかりません。

テーマ投資、なかなか将来性アリの面白そうな投資です。

投資初心者にこそ、少額で楽しみながら投資をするために、ベストな投資法と言えるかもしれませんね。

FOLIOの無料口座開設をする

チョコはワンコを飼っているからペットのテーマに投資してみたい

SPONSORED LINK