2c32c56af798d2ea4155c263359a4561
埼玉県所沢市と言えば「翔んで埼玉」 

ダサいことで有名な埼玉に、億ションが誕生することが話題です。

一時期、埼玉に住んでいたことがありますが、完全にベッドタウンとなっており、遊ぶところはほとんど無く池袋(埼玉県民の植民地)に出るしかないので、ダ埼玉と揶揄されていることには納得です。

そんなダ埼玉に建設されるこのマンションの平均価格は5,000万円台で、最高価格は1億2,980万円もします。

場所は西武線所沢駅近くで、不動産会社によれば所沢の億ションの登場は1994年以来であり、消費税増税の駆け込み需要も相まって、既に複数戸が売れていると言います。

この価格で所沢かぁ…買わないw
内装イメージを見たけど、あまり広そうじゃないね。
外装は立派。高くても7000万程度だと感じる。
全部売れたらボロ儲けか・・・
これは不動産会社の個人的な自己満足なのか。
売れると思ってやっているのか。
金銭に余力のある埼玉愛の強い人がしっかり住むのかもしれない。

SPONSORED LINK


スクリーンショット 2019-01-05 11.16.36
人口が減り続ける地域に、資産としての不動産は買えない 

埼玉県も良いところはあります。

東京都に隣接しているため、家を買うなら確かに合理的です。

通勤も近く、物価も安く、そして災害も起こりにくいと言われています。

ベッドタウンとして栄えたように、何も無くてダサいのですがとにかく住みやすいし物価も安いので、住むにはオススメ出来ると言えるでしょう。

とはいえ、億ションを買うなら話は別です。

そもそも、億ションとは資産として買うことが一般的で、これならば今後も人口増加で価値向上が見込める東京都の物件を買ったほうが遥かにマシです。

埼玉県の人口は721万人で、1970年代から急激に人口増加の恩恵を受けて来ましたが、埼玉県や国立社会保障・人口問題研究所が行った将来推計によれば、2015年をピークに人口が減少に転じています。

そして、15〜64歳までの労働人口は減り続け、65歳以上が増え続ける少子高齢化が顕著の県になります。

将来的には過疎化も進み、不動産価格の向上は期待出来ない。

埼玉にマンションを買うのであれば、中古の2,000〜3,000万円程度のもので十分でしょう。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪ 

SPONSORED LINK