スクリーンショット 2019-01-08 0.51.54
0202B0CC-7CB0-4846-B3B4-DCCFC8D0AA00
日本は完全にオワコン化していた 
SPONSORED LINK


失われた20年という言葉があります。

これは、日本経済が1990年代のバブル崩壊から20年以上経済成長率が5%以下だった異常事態を指します。

しかし、日本は平成の30年間一向に成長することはなく、ついに失われた30年が現実のものとなってしまいました。

アベノミスクで日本は息を吹き返し、過去最高の好景気に突入したと言えど、2017年の経済成長率はたったの1.7%となっており、アメリカの2.3%には遠く及ばない。

30年前、日本は山手線沿いの地価だけでアメリカ全土が買えると言われていたほど景気が良く、世界時価総額ランキングでもTOP5を日本企業が独占していました。

1位. NTT
2位. 日本興業銀行(現みずほ銀行)
3位. 住友銀行(現三井住友銀行)
4位. 富士銀行(現みずほ銀行)
5位. 第一勧業銀行(現みずほ銀行)

しかし、平成の終わりである平成30年の現代では、TOP5どころか日本企業はTOP50にトヨタ1社のみランクイン(35位)という散々たる結果に納まっているのです。

ランキングを眺めると、当時から現在までTOP50にランクインが多いのはアメリカ企業で、しかもアップルやアマゾンなどの新興企業も多く、きちんとイノベーションが起こっていることが分かる。

中国もここ最近の高経済成長で頭角を現してはいるものの、バブル崩壊、日本より深刻な来たる少子高齢化によってランキングから淘汰されるでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK