C09E9BF3-BE0A-4CFC-BE94-8D4E6E1DBA13
DvgpatBV4AE-4xQ
DvgpatAUUAE9q9e
09970DB1-5A03-44A3-B9AA-31AE3D95CBD0

SPONSORED LINK


非常勤講師は、正規で雇われる教員と同じくフルタイムで働いても、給料が低すぎて生活がままなりません。

学級担任も行う場合もあり、 いずれも正規の教員と同等の業務内容でありながら、正規よりも悪い待遇で働きます。

昔は非常勤講師といえば正規採用を目指す人の通過点であったのですが、ここ最近は公務員人気から志望人数も多く飽和状態になっており、正規採用は狭き門となりつつあります。
 
非常勤講師はそれだけで生計を立てていけるようにはなってない。元々は本務校がある教員が助っ人的にやっていたが、大学院重点化以降は若手が教育歴をつけるためにインターン的にやるものになっています。供給過剰なので待遇が改善されることはないでしょう。
非常勤講師していますが、収入はかなり厳しいです。10年間上がってませんし。その他の掛け持ちなども有りますが、学生バイトに毛の生えていない程度の収入しかありません。非常勤講師は自分の作業場所すら大学等に無いので、全部持ち帰り作業です。これも負担ですから、その分も考慮して欲しい所です
この番組私も観ました。ドイツ語も堪能だったそうで、スペックも普通の人より高い方だったのに。他の選択はなかったのだろうか。法学部なら弁護士資格などの国家資格取らなかったのでしょうか。文系の大学のポストはなかなか空きがないですからね。現実は本当に厳しい。身につまされる。
非常勤講師(所謂、非正規雇用社員)はこんなに大変な生活を強いられているのである。三つも四つもバイトを掛け持ちして月収15万円ぐらいしかならなかったと聞いている。学生の為に借金までして本を買い勉強をして貰おうとしていた方が最後は自死してしまった。日本の若者の自殺率が世界第一位との事。
よくある話です
この国では

現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっています。

その要因は、一度でも貧困のワナに陥ると、抜け出すことが困難な「貧困強制社会」があるためです。

35歳までにうまく波に乗れずに非常勤に落ちたままだと、もう2度と非常勤から這い上がれなくなります。

そうなると、いくら成果をあげても、正規採用になることは不可能です。

収入を優先する仕事に就くことを優先しなければ、日々の暮らしで精一杯で結婚も諦めるしかない。

理想だけでメシは食えない。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK


絶望の非正規―週刊東洋経済eビジネス新書No.143
週刊東洋経済編集部
東洋経済新報社
2016-01-08