947c5cb1
ひふみ投信は信用に値する数少ないファンド 

ひふみ投信を運用するレオス・キャピタルワークスCEOの藤野氏は、日本で数少ない優秀な頭脳を有した投資家です。

なぜかと言えば、彼は投資や経済の本質を見抜いており、さらに日本企業の問題点、そしてアメリカ企業への強さをしっかりと理解しているためです。

たとえば、日本のインデックス投資はカスであり、なぜなら日本の大企業がそもそもカスであるからだという痛快な彼の主張があります。

そして、その主張は極めて正しいと言えます。
 
57eec065

日本においてインデックス投資をすすめない理由の一つは、時価総額の大きな会社、はっきりいえば、経団連の会長・副会長企業群のTOPIXに占めるウエイトが大きく、それが足を引っ張ってるからである。

少なくともそれをあまり持たないという決断をするだけで、少なくともTOPIXには勝てる可能性が高まるということだ。

この表(本記事掲載の画像)は10年間のマザーズ、TOPIX、TOPIX CORE30および経団連会長・副会長企業群の株価のパフォーマンスである。ちなみにこれを5年間にしても30年間にしても結果は変わらない。

もちろんこういうデータに明るい人は起点が違うと結果が変わると言いたい人も多いと思うが、少なくとも3-5年間くらいの期間で、起点をどこにとっても経団連の会長・副会長企業がTOPIXを上回るのを探すのはとても難しい。これは公表データーから作成できるのでいろいろ作業して見てほしい。これほどまでにTOPIXを安定的に負けるポートフォリオを作るのは難しい。

経団連の会長および副会長の企業群がどの時期も(景気が良い時も悪い時も)安定的にTOPIXに大負けしてるのである。これを追求しない野党もメディアも結局は同罪だ。どんどん質問しないと。

なんであなたたちは全体でTOPIXを下回っている成績なのに、経済界の代表と言っているのですかと。

あなたたちがTOPIXを上回る成果を出すか、出すチームになるようにメンバーを入れ替えないといけないのではないですかと。

いかにポートフォリオからGG資本主義の会社を除くのかが大事だということになる。

経団連企業をポートフォリオから除き、それ以外の東証一部企業といくつかのジャスダックおよびマザーズを組み入れてポートフォリオを組むことが重要である。ひふみがロングタームに安定的にTOPIXに勝ててるのはその構造を維持してるからだ。

ひふみが戦略を変えるのは、経団連のメンバーが30代から70代の混成メンバーで会長と副会長が構成され、女性が1/3、外人が1/3になり、転職組が半分くらいになったとき。ひふみがTOPIXを勝つのが難しくなる日が日本の夜明けだ。

(出典:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10157804187083438)

SPONSORED LINK


スクリーンショット 2018-12-30 20.16.03
ひふみ投信の構成銘柄TOP3はアメリカ企業 

日本株の個別株で勝つのは世界一難しいと言われており、それは日本市場の参加者がほぼ海外のヘッジ・ファンドで、基本的には彼らは日本株を売っているからです。

そんな市場で長年大きく勝ち続けるなど、強運の一言では片付けることは不可能です。

ひふみ投信は日本株の個別株を戦略的に組み入れ、市場平均を長い間大きく上回ってきたことで、投資家に多大なる利益を与えることに成功しました。

さらに、アベノミクスの減速が目立ってきた2018年頃から、ひふみ投信は日本市場だけでは大きく勝つことは出来ないと判断し、積極的にアメリカ超大型株を組み込み始めました。

銘柄構成を見てみると、すでにひふみ投信の上位3つはアメリカ株であり、上からアマゾン・ドット・コム(比率2.3%)、VISA(比率2.0%)、Microsoft(1.9%)となっています。

アメリカは日本と異なり、大企業がガンガン攻める経営をして、世界をリードしていく企業が揃っています。

そのため、日本の中小株とアメリカの大型株を巧みに組み合わせていく手法は、市場平均を大きく上回る可能性が高いのです。

しかし、この戦略は藤野氏のような優秀なマネージャーがいなければ成り立ちません。

藤野氏の投資・経済の洞察力は本物であり、ひふみ投信は今後も市場平均を超えるべくして、正しい攻めの運用で投資家に利益をもたらすでしょう。

そのため、個人投資家はヘタにがんばって自分で株式投資をするよりも、ひふみ投信に資産運用をしてもらった方が遥かにお金持ちになれるのです。

ひふみ投信は口座開設や口座の維持費は一切かからない「完全無料」なので、口座開設だけでもしておきましょう。

▼▼ひふみ投信の詳細を見る▼▼


■ひふみ投信は「かんたん」
長期で運用する上で安心して任せられる簡単な仕組みで資産形成を応援。

■安心をお届けするコミュニケーション
メールや電話でお客様の疑問・不安を解決するお手伝い。

■いつでもはじめられる
都合に合わせて「いつでも」購入が可能。
しかも、解約手数料は0円でとっても気軽。

投資なら月々1,000円からのひふみ投信 

SPONSORED LINK