7834B0F9-D90B-43E2-BE74-C4C5B8163B72
ナンピン資金が無ければ、暴落相場でお金が溶けるのを見てるだけ 

NYダウは52週高値26,951ドルから真っ逆さまに急降下し、52週安値は21,792ドルとなっています。

わずか3ヶ月足らずで5分の1にあたる5,000ドルもの資産が吹っ飛んでしまったわけで、これはもはやリーマン級の大暴落と言って良いでしょう。

個別銘柄を見ると悲惨さがよく分かり、高値で買っていた投資家は地獄でしょうが、優良株を仕込むにはどう考えても絶好のタイミングです。

たとえば、米国株投資家に人気な以下銘柄を並べても、ほぼ半額セール状態となっていて、もはや資金全てをブッ込んでも良いと誓えるような水準まで下げています。

■アップル(AAPL)
52週高値:233.47ドル
52週安値:146.58ドル(ほぼ半額セール)

■IBM(IBM)
52週高値:171.13ドル
52週安値:107.50ドル(ほぼ半額セール)

■フィリップ・モリス(PM)
52週高値:111.25ドル
52週安値:65.71ドル(ほぼ半額セール)

■スリーエム(MMM)
52週高値:259.77ドル
52週安値:178.51ドル(ほぼ半額セール)

SPONSORED LINK


上昇相場期には、

「暴落来たら安く仕込めるから、リーマン級はよ来いや!」

とイキがっていた投資家が、SNSで大量発生していました。

しかし、実際には本物の暴落が来てしまったら、揃いも揃って軒並み沈黙でお通夜状態になってしまい、今では生存確認も難しい。

とはいえ、彼らの気持ちも少しは分かって、証券会社の口座から数十万円もの自分のお金が毎日毎日溶けて消えていく現実を目の当たりにすれば、逃げたくなることもあるでしょう。

そのため、賢い投資家はフルインベストは絶対にせず、暴落時に買い増せるようにキャッシュを何割か残しておくものです。

チョコはまだNYダウがイケイケの上げ相場だった2018年1月8日に、「ナンピン資金を確保せよ!」というタイトルで読者に注意喚起を行なっていました。

高配当長期投資戦略ではナンピンは王道中の王道なので、最低でも100万円くらいはキャッシュとして温存しておくように警告していたわけです。

A9EBA622-FE5D-4F17-9FE4-023FD8016284

「ナンピン資金を確保せよ!」

2018/01/08 20:11

繰り返しになりますが、2017年はものすごくボラティリティが低い年でもありました。これが変化したときには、想像も付かないような暴落局面に陥る可能性も十分にあります。また、おしりに7の付く年は株価が暴落するというアノマリーは免れたものの、投資界隈では依然として株価暴落論が蔓延っています。

しかし、米国経済は堅調そのもので、暴落の予兆すら感じさせません。さらにトランプ大幅減税で企業収益が大幅に底上げされ、割高と言われている(チョコは特に割高とは思わないですが)ダウがPER1桁になると言われているほどです。つまり、企業業績と比べて株価が超割安圏に推移するため、米国は更なる株価上昇ステージに突入することが予想されるのです。

これを裏付けるかのように、伊藤忠商事の岡藤社長は、2018年の日本株価について問われた際に「トランプ減税でアメリカ株はまた一段と上昇するだろう。アメリカ株が上がるのであれば、日本株も当然上がるだろう」というコメントを残しました。

とはいえ、2018年は昨年のような一本上がり調子とはならないと考えています。上がりすぎた株価というのはいずれ下落するもので、調整局面は避けられないと見ているからです。

実際、2017年は本当に安定しており、チョコが唯一ナンピンを行ったのはAT&Tのみで、他銘柄は順調に上昇しました。チョコが日本株1本でやっていた頃を考えると、常にナンピンを繰り返すことが普通だったので、それに比べると今の相場は信じられないくらい安定していると言えます。

ただし、前述した通り、今年はいかばかりの調整局面が発生すると考えて、構えておくことが肝心です。
 
そのため、最低でも100万円くらいのナンピン資金を温存しておくことをオススメします。

高配当長期投資戦略では、ナンピンは王道中の王道なのです。

ここまで警告していたのにも関わらず、チョコブログでしっかり投資を学ばないイキリ勢は、チョコの忠告を無視してフルインベストで爆益を求めてしまった故、大暴落に焼かれてしまいました。

ナンピン資金が無ければ、暴落相場では指を咥えて自分のお金が溶けていく様を見ているしか出来ず、居ても立っても居られずに泣く泣く持ち株を損切りし、涙を流して株式市場から退場していくのです。

一方、チョコの忠告を守った賢い投資家はきちんとナンピン資金を確保しているため、この大バーゲンセールでしこたま安く株を買う特権を与えられています。

株式投資で退場することなくお金持ちになりたいのであれば、チョコブログを毎日しっかり目に焼き付けて、焦ることなくじっくり投資を続けることが肝心です。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK


大暴落1929 (日経BPクラシックス)
ジョン・K・ガルブレイス
日経BP社
2008-09-25