c6bdbfb6
任天堂だって、たった3万円から株主になることが出来る 

今年の10月1日から、東証を含めた取引所において、全ての株の売買単位が100株に統一されました。

日本で株を買う場合、1,000株だったり1株だったり、50株だったりと企業ごとに「1単元の定義」がバラバラで、投資家から「買いにくい!」という声が上がっていました。

そのため、東証を運営する日本取引所グループは、日本で上場する株の1単元の全てを100株括りとすることで、シンプルに買いやすいようにしたのでした。

とはいえ、100株という括りが買いやすい枚数なのか?といえば、全然そんなことはありません。

たとえば、株を始めた人であれば任天堂などのお馴染みの会社を買ってみようかなと思う人が多いです。

しかし、任天堂の株価は3万円以上するので、100株買おうとすれば300万円以上もかかってしまうのです。

そのため、1単元を100株に統一したところで、投資家の裾野が広がるかと言えば全然そんなことは無くて、むしろ1株から気軽に買えるようにしなければ日本の個人投資家は増えません。

SPONSORED LINK


とはいえ、証券会社も「高すぎて買えない問題」というのを理解しているので、ミニ株と呼ばれる1株から買えるサービスを展開しています。

証券会社によりサービスの呼び名が異なり、SBI証券ではS株、カブドットコム証券ではプチ株、マネックス証券ではワン株です。

このサービスを利用すれば、300万円以上必要だった株もわずか3万円から買えるようになります。

株をひとつでも買えば、あなたは企業のオーナーとなり、そこで働く社員や役員、社長よりもえらい立場となり、搾取することが可能です。

彼らは毎日死に物狂いで働き、1円でも多くの利益を上げるために粉骨砕身頑張りますが、株主は彼らが上げてくれた利益を寝ているだけで享受出来る立場になれます。

それが株価上昇に伴う売却益や、毎年貰える配当金というわけです。

一方、米国株は日本株と異なり、もともと1株から買えるので、通常の取引で手軽に株を買うことが出来ます。

米国市場には今をトキメくAppleやMicrosoft、Facebookなどが上場しており、数万円出すだけで株を買えます。

AmazonやGoogleも、10〜20万円で買えるので、世界的な大企業の株主といっても案外カンタンになれるのです。

「株式投資は金持ちしかできない」

と世間では言われていますが、実は庶民でもこのように金持ちになるためのチケットは手軽に入手することが出来るので、冬のボーナスでちょちょっと買って株式投資を始めてみるのもアリでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK