297BCE21-33D7-4048-A441-AA9C9BE1DA38
ブランドTシャツが高いのは、服の品質ではなく宣伝費など 

金持ちはカネの使い道が無いので、たかがTシャツに数十万円のお金を出すことに抵抗感はありません。

特にヒカキンなどの著名人は、「Tシャツに40万使ったわw」というネタがそのままコンテンツとなり、YouTubeの広告収入が数百万円入ってくるので、彼らにとっては割りのいい投資で、単なる趣味で買っているわけでもない。

しかし、安月給の一般人が彼らに憧れてたかが服に数十万円掛けるのはムダ遣いの極みで、そのような人は絶対にお金持ちになれません。

確かに、服というのは価格が品質とイコールになり易く、安物は本当にチープな素材になっていることもあり、相応のお金を出した方がいいでしょう。

しかし、薄い素材のTシャツなどに数万円、数十万円の値が付けられているものは素材とはイコールになっておらず、ほぼ全てが「ブランド料」となっています。

ブランド料とは何か?といえば、オリジナルの価値を出すために、一等地に店を構えたり、世界的有名タレントを宣伝に使ったりすることで、「このTシャツを買う人は特別な存在です!」という良い気持ちにさせてくれる料金です。

当然、ムダにコストをかけているので、それはそのまま商品価格に転嫁されているために、たかがTシャツが数十万円というわけの分からない価格まで跳ね上がる。

そんなTシャツを庶民が着たところで、結局は庶民にはその価値を見抜けないので1,000円のTシャツにしか見えないし、なんならユニクロのTシャツの方が安くてデザインが良いのがあったりする。

SPONSORED LINK


94B3E9CF-D721-44C3-BB19-A98C9BA6D1AF
こんなにダサいのに10万円以上するスニーカー 

ヒカキンが買っていたTシャツはSupremeというアメリカ発祥のブランドですが、以前はこのブランドのスニーカーが芸能人らの間で話題になりました。

しかし、デザインを見てみると小学生でも履かないようなダサさで、オモチャのLEGOが出したスニーカーにしか見えませんでした。

とはいえ、「あのSupremeが出したブランドだ」ということで人々は価値の無いスニーカーに大枚をはたき、ドヤ顔で街を歩いていたのです。

ABCマートに行って1万円も出せばこれよりもっと良いデザインのスニーカーなんてゴロゴロあるのですが、マネー・リテラシーの無い人というのは、有名ブランドというだけでポンポンお金を出してしまうので搾取され続けるし、一向に金持ちになれないのです。

ブランド品というのは金持ちが使い道が無いカネで買うから良いのであって、もともとカネの無い庶民が無理して買うのは本末転倒であり、ますます貧乏に拍車がかかります。

さらに、ブランドというのはブームが過ぎたら「カッコイイ」から途端に「ダサい」に変わり、ブームが過ぎ去ったら誰も欲しがる人はおらず、1円の価値にもなりません。

これは株式投資にもいえることで、流行っているというだけで株価が爆上げしている企業に飛びつくと、ブランド品のように大やけどを食らい、ブームが過ぎれば株価は目も当てられない状況に陥ります。

地味だけど、長く使えて物持ちがいい品を選ぶことは、株式投資では地味だけど生活に密着している企業の銘柄を買うことと同じです。

「金持ちになる素質」

というのはこのように様々な金融リテラシーに密接に結びついているので、無駄に高いブランド品を買う人は絶対に金持ちになれない。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK