B1438E6E-5E76-4ADC-8F7A-77D3E9F99A57
政府は増税影響は無いと考えるが、景気は大きく冷え込むだろう 

2019年10月から、消費税は8%から10%へ引き上げられます。

日銀の黒田総裁は「現時点で景気に大きなマイナスの影響があるとは考えていない」との認識を示しましたが、消費税8%への増税時は、想定以上の買い控えが起きてGDPが低下する事態となってしまいました。

政府はこの時の苦い記憶からか、「経済に影響を及ぼさないよう全力で対応する」と述べてはいるものの、10%の大増税というのは1万円のモノを買ったら1,000円も税金が取られるわけで、10万円のモノを買ったらなんと1万円が税金として上乗せされます。

こんなバカ高い税金は払えないと考えるのがフツーの人の考えであり、景気が落ち込まないと思う方がおかしい。確実に日本経済は停滞し、日経平均は急落するでしょう。

日本株に投資している投資家は注意が必要で、2万円を切る大暴落に今から備えた方がいい。

SPONSORED LINK


B098870A-FCF3-40EF-A5CB-8CC98C6417A4
貧乏人ほど100円ショップなどで不要なモノを爆買いする 

そもそも、宝くじは愚者の税金と言われますが、消費税は貧乏人の税金です。

なぜなら、貧乏人ほど不要なモノを買い込む習性があり、安物買いの銭失いをしがちだからです。

お金持ちというのはお金を大切にしているので、どんなに安いモノでも「価値がある」と思わなければ絶対に買うことはありません。

対して、貧乏人というのは大していらないモノにも関わらず、「今後必要になるかもしれないから」という理由だけで、バンバンモノを買っていくのです。

100円均一ショップにいけばよく分かりますが、カゴいっぱいに商品を詰め込んでいる人がやけに多いことに気付きます。しかし、100円といっても100個買えば1万円になり、支払う税金は1,000円にも上るのです。

そのため、いくら安くても小さいものをコツコツと積み上げてしまえば、大きなお金を支払うことに繋がってしまいます。

貧乏人はいつもお金がない、気付いたらお財布から消えていると嘆きますが、大抵はこのように使いもしないガラクタにお金を使っているからお金が無くなっているのでした。

来年、消費税が10%まで上がったら、彼らは今以上に税金を払いまくることになるので、貧乏人はますます貧乏人になってしまいます。

とはいえ、金融リテラシーが高いお金持ちが、貧乏人と交わる接点など無く、正しいお金の使い方を教えてあげることは未来永劫ありません。

貧乏人は未来永劫ガラクタで散財し、税金を払いまくる構図が変わることは無いのです。

100円ショップ大量買いは間違いなく養分・・・

SPONSORED LINK