FBEDFD8B-8835-4DA0-9B94-01608D667CCB
「不労所得」と謳われるのは世の中に溢れているが…? 

不労所得の意味を検索してみると、「働かなくても得ることの出来る所得」とあります。

世間の常識では、お金を得るためには会社に勤めるなどして働いて、やっとのことお金を貰えます。

そのため、不労所得に憧れる人は多く、様々な投資に手を出す人は多くいます。

とはいえ、不労所得と言われる投資の中には、決して不労所得とは言えないものも多く存在するので注意が必要です。

その代表格といえば、不動産投資です。

不動産投資は毎月家賃がチャリンチャリン振り込まれ続けてくるシステムなので、不労所得と勘違いする人は多いですが、不動産投資は「不動産ビジネスを運営する」ことと同義であり、労働が発生します。

たとえば、毎月家賃が振り込まれるためには入居者がいなければ始まりません。

そのため、入居してもらうために不動産業者と連携したり、入居者がいれば入居者対応を行う必要があります。

さらには退居対応、家賃回収、メンテナンスなど盛りだくさんで、築年数が経てば近所のライバルに入居者を取られる可能性があるため、価格競争のためにリフォームなどの工夫を凝らしたり、物件購入後も様々な努力を求められます。

つまり、不動産投資は不労所得に当たらず、完全に「労働」に近いと言えるわけです。

SPONSORED LINK


また、ここ最近で不労所得を狙って参入が増えているのがブログです。

SNSを眺めていると「ブログで月何十万円、何百万円稼ぎました!」といったアカウントを目にすることも多く、もはやブログというのはストック(記事数)を積み上げていけば何もしなくてもチャリンチャリンとお金が入ってくるようなイメージがあります。

また、無料ブログサービスも充実していることから投資資金がほぼゼロから始められるのも魅力で、ブログ市場は戦国時代に突入していると言っても過言ではないでしょう。

とはいえ、いざ始めてみると分かるのですが、やはりブログもそんなに甘いものではなく、更新を止めてしまえばいくらストックを積み上げようが、たちまちアクセス数は激減してしまうので、ブログは不労所得とは全く呼べないマラソンのようなものであることが分かります。

さらに、ブログで不労所得ではなく労働収入を得ようと思ったとしても、執筆する時間を鑑みればその時間をコンビニバイトにでも充てた方がまだマシです。

ブログで何百万円も稼いでいる人というのは、仮想通貨のような詐欺商品を情弱に売り付ける違法スレスレのビジネスをやっている人なので、正当に収益を得ようとすればナケナシのお金しか入らないのが現実です。

そのため、ブログは不労所得どころか完全に割りの合わないボランティアに近いので、お金を求めるのであれば決して手をつけてはなりません。

この世で不労所得と呼べるものは株式投資のみしかあり得ず、さらに株式投資の中でも「配当金目当てにただ保有している」という戦略でしか、本当の不労所得とは呼べないのです。

デイトレーダーを見ると分かりますが、彼らは平日は延々とモニターに張り付いて取引をしなければならず、もはや会社で労働しているのと何も変わりがありません。

配当金であれば、保有している株の会社の社員や役員らが収益を上げてくれるものを分配しているわけなので、株主はその利益が振り込まれるのをただ待っていれば良いわけで、完全に不労所得になり得るのです。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK


働きたくないけどお金は欲しい
遠藤 洋
マネジメント社
2018-05-30