9205db36496ebc922bbac2da1eccdd48568189f3_xlarge
どんなに大金持ちでも、カネの使い方を知らなければ破産へ 

お金持ちになるためには、有名人になるか、社長になって莫大なカネを稼がなければならないと思う人は多いです。

しかし、収入が多い=お金持ちとは限らず、たとえ収入が多かろうと、お金の使い方を知らなければすぐに一文無しに転落してしまうこともあります。

たとえば、ハリウッド俳優で日本人もよく知るジョニー・デップが、まさかの破産寸前となっています。

世界的な経済誌「フォーブス」の見積もりによれば、ハリウッドで5番目にギャラが高い俳優であるジョニー・デップは、2016年には日本円にして50億円以上の大金を稼ぎました。

日本人サラリーマンの生涯収入がおそよ2億円だとされているので、ジョニー・デップはわずか1年のうちにサラリーマン25人分の一生を稼いでしまったというわけです。

SPONSORED LINK


普通の感覚であれば、わずか1年でここまで稼げれば、お金を湯水のように使っても一生使い切れないと考えてしまいます。

しかし、お金の扱い方が分からない有名人は、私たちの想像を絶するようなお金の使い方をします。

ジョニー・デップの例で言えば、彼は浪費癖が治らず、生活費に月2億円以上も支出をしていたそうで、月によっては更に支出することもありました。

いくら1年で50億円稼いでいようが、支出が収入を上回れば、途端に貧乏に転落します。

そもそも、お金持ちになるため、お金持ちを維持するためのルールはシンプルで、

「収入>支出」を守るだけ

です。

ジョニー・デップが破産寸前に陥ってしまったのは、このルールを守らなかっただけで、この理論は何も年収1,000万円だろうが400万円だろうが、全ての人に当てはまります。

稼ぐ金額の大小に関わらず、そもそもお金の稼ぎ方以上に、お金の使い方を知らなければ、いつまで経ってもお金に苦労することになるのです。

世界のお金持ちを見渡してみると、収入が少ないながらも1代で巨額の資産を築く人は多く存在します。

たとえば、101歳になった時に22億円の寄付をしたアン・シーバー氏、2億円の寄付をしたポール・ナヴォン氏、そして、1億円の寄付をしたマーグリット・ディクソン氏は、いずれも普通の労働者として働き、収入が特段高いわけではありませんでした。

しかし、彼らに共通するのは「収入>支出」を徹底して守り、浪費などで負債を買わず、投資商品などの「資産を買っていた」ことです。

アメリカでベストセラーになった「金持ち父さん 貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」によれば、

「金持ちは資産を買う。貧乏人の家計は支出ばかり」

「貧乏な人は、貧乏になるような悪い習慣を持っているから貧乏から抜け出せない」

と断言しています。

お金に苦労した人生を送りたくないのであれば、収入をいかに大きくするかよりも、お金の使い方を学ぶ方が遥かに重要です。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK