desktop
こんなに多くの情報を、人間の脳は処理出来ない 

デイトレードと聞いて思い浮かべるのは、デスク上に何枚ものモニターを設置して、まるでネルフ本部のような要塞の中でカタカタやっている人ですが、ここ最近は寝っ転がりながらスマホでポチポチするだけでデイトレードを楽しむ人が増えています。

専業トレーダーからすれば、小さい画面ひとつでポチポチするだけなど到底考えられないと思う人も多いですが、実際に専業トレーダーであっても何枚ものモニターを駆使したところで満足に使いこなせているのか?と言えば、9割の人は全然使いこなせていません。

そもそも、多数のモニターに何を映しているのかといえば、チャートと気配値で、あとはSNSやニュースです。

情報量の多さが勝負と言われるデイトレードですが、人間の脳みそではそんなに大量の情報を一度に処理することは難しいので、やっぱり複数のモニターを使うのはムダが多く、スマホでやってもパフォーマンスは変わりません。

今デイトレードを楽しむ若者は、複数モニターを設置することは「オタク臭くてダサい」と思っていて、スマホアプリでポチポチしながらお小遣いを稼ぎます。

SPONSORED LINK


mac_dual_display_main
複数モニターで効率化出来るのは、資料作成などだけ 

仕事でもそうですが、モニターを何台も並べると一気にいろんな情報が収集出来て、非常に楽になると勘違いをしますが、情報収集で複数モニターを並べても目が散乱するだけで、疲れてしまうだけです。

やってみると解りますが、実際にモニターを複数並べて効率化出来るのは、ドキュメント作成などの「作業」であって、デイトレードみたいに情報収集するだけの目的では全く効果が発揮出来ないのです。

しかし、専業トレーダーは、無職なことを実は心の奥底では「恥ずかしい」と思っているので、効率があまり良くないと思っていても、何かしら「インパクトのある形」で自分のやっていることを誇張したがります。

実力の無い人間ほど、自分の存在感を誇示するために無理して見栄を張ったりするものです。

不良もガニ股で肩をグワングワンさせて歩いている人が多いですが、これも自分の存在感を誇示するためにやっているわけで、ライオンやトラなどの猛獣も敵と出会ったら体を大きく見せて目で睨みます。

無意味に何枚もモニターを並べるデイトレーダーも似たようなもので、要塞のようにモニターを設置することで「自分はトレーダーです!」とアピールしており、世間体を気にしています。

とはいえ、威勢良く何枚もモニターを並べて出来高や信用残、材料など様々な情報を得たところで、外れる時は外れるし、読みが当たるかどうかは完全に運です。そのため、そもそもデイトレーダーの9割以上は、最終的に含み損で去っていくのがオチとなるわけです。

スマホのみでポチポチやってパフォーマンスが結局変わらないのであれば、別にモニターを何枚も設置してまでやる必要は無いし、そもそもデイトレードはほぼ100%負ける投資なので、スマホでさえもやる必要は無い。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK