497F7198-78E3-4C62-83F3-03DEEE3D6977
吉澤ひとみが飲んだのは、ストロングゼロと見られる 

アルコール度数の高い飲料が人気です。

サントリーやキリンなどの大手飲料会社は、ストロング系酎ハイと言われるウォッカ入りのアルコールに力を入れており、中でもサントリーのストロングゼロは高アルコール飲料の中でのパイオニア的存在になっています。

当初は8%だったものの、しばらくして9%に度数が上がり、ついに12%の酎ハイも登場しました。ビールまでもが高アルコール化に追随しており、人気はますます過熱しています。

ストロングゼロの愛飲者は「安くて、手軽に買えて、すぐ酔える」と大絶賛で、ネットでも「飲めば日常を忘れられる」としたコラ画像が大量に作られているほどで、市場は年々拡大しています。

とはいえ、ストロングゼロに含まれるアルコールの量は、テキーラのショット3.75杯分に相当し、これらの酒を飲み続けることで「アルコール依存症や肝臓障害を引き起こす可能性がある」と、専門家より兼ねてから指摘されて来ました。

ストロングゼロを最初に飲むと、かなり強い酒なので1本で十分だと思うのですが、飲み続けるごとに身体が慣れてくることもあり、いずれは1本では満足出来なくなります。

1本、2本、3本と飲む量が増えてくることで、健康にも害があるのはもちろんですが、翌日の仕事にも支障を来す人は多いそうです。

SPONSORED LINK
 
20171230182321
マスコミがネガティブ報道をすると、商品はいずれ規制される 

ひき逃げ事件を起こした元モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者が飲んでいたのも、ストロング系酎ハイでした。

彼女はひき逃げ前に「9%酎ハイを3缶も飲んだ」ことを供述しており、おそらく商品はストロングゼロではないかと見られています。

この事実が分かってからというものの、マスコミ各社の間でストロングゼロ叩きが活性化されており、たとえばNHKではストロングゼロが「アルコール依存症を引き起こす要因」として、繰り返しネガティブに紹介をしていました。

番組に登場したアルコール依存症の男性は、
 
ストレスがものすごくて、

次の日の仕事のことを考えると嫌になる。

ストロングゼロを飲んで酔っ払っている間は、

次の日のことを考えなくて済む。

だんだん酒の味を楽しむというより、

『早く酔っ払って、仕事を忘れたい』

という風に変わってきた。

とコメントしており、危険性を訴えるには十分な内容でした。

そもそもアルコール度数の高い酒は、ストロングゼロの他にも日本酒や焼酎などいろいろ存在しているため、この手の問題は一概にストロングゼロが悪いわけではありません。 

とはいえ、日本は「臭いものには蓋をする文化」なので、吉澤ひとみの事件をきっかけに、ストロングゼロは遅かれ早かれ行政が規制対象にするか、飲料各社が自社規制に走るでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK