647f939a-s
副業で本業を超える収入を稼ぐのは、もはや夢では無い 

政府が今年に入り、企業にサラリーマンの副業や兼業を認めるようガイドラインやモデルとなる就業規則を策定した努力も虚しく、未だに日本企業の4分の3以上が副業を認めていないことが時事通信の調査で分かりました。

認めない理由を見てみると、副業禁止と答えた企業の82%が「過重労働で本業に支障を来す」と謎の回答をしており、

「そもそも安月給で過重労働を強いているのはおまえら自身だろ!」

というツッコミをせざるを得なくて笑います。

そもそも、終身雇用など昭和時代の遺産として葬り去っており、会社に頼り切る人生などこれからの時代はリスクでしかないでしょう。

今は好景気なので会社は労働者を大切にしてくれますが、いずれ来る不景気にはカンタンにクビを切られて裏切られるのは目に見えています。

なぜなら、それが株式会社としての在り方であり、資本主義の原理だからです。

本来であれば、会社は労働者を縛り付ける権利はありませんし、労働者も会社に縛られる権利などないので、好きにしたらいいわけです。

SPONSORED LINK


スクリーンショット 2018-09-18 23.44.01
「副業前提の薄給」で、過重労働させる日本企業が副業禁止 

そもそも、副業OKの企業のほうが、何故か業績が良かったりするから世の中不思議です。

冷静に考えればそれもそのはずで、自分の能力をお金に出来る能力があるということは、「自分で価値を創造するスキルがある」ということに他ならないので、どこに行っても通用するわけです。

そのようなスキル持ちが会社に集合すれば、自ずと会社のパフォーマンスは向上するので、業績は良くなります。

対して、副業を禁止する企業は決まってサービス残業や過重労働などのブラック労働が横行しているので、パフォーマンスなど出るはずがなく、社員を縛り付けておくくらいしか企業が社員をコントロール出来ないわけです。

詰まるところ、4分の3の日本企業はただのブラック企業なので、そんなブラック企業に縛られて安月給でこき使われ続けるよりも、さっさと自分のスキルを磨いて副業を始めたほうが賢明です。

今では「好きなことをお金に出来る時代」が到来しており、自分のスキルがそのまま収入に直結します。

たとえば、日本人初の女性プロゲーマーで、ゲーム大会で優勝経験があるチョコブランカさんは、フツーのOLからゲーム界のトッププレイヤーにまで上り詰めました。

彼女は元々ゲーム好きで、大学生の頃からずっとゲームセンターに入り浸っており、バイトもゲームセンター勤務だったそうです。

さらに、そのバイト代でゲームをするという、まさにゲーム漬けの毎日だったそうです。

彼女は結果的にゲーム好きが講じて、アメリカのプロゲーム団体に所属するまでに至り、今ではOL時代と比べると年収は3倍までに膨れ上がりました。

単純に「好き」という気持ちで続けていたゲームの趣味が、今では年収1000万円以上を余裕で超える収入を生み出したのです。

日本では優勝賞金2,000万円、世界では賞金総額1億円という大会も出てきており、プロゲーマーは今後さらに稼げる可能性があります。

リーマン・ショックでは今まで散々、

「社員は家族だ!」

と語っていた企業が、容赦無くクビ切りを実行していきました。

会社を信じて真面目に会社に奉仕することがどれだけ無意味なことなのか、サラリーマンは今一度よく考えた方が良いでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK