c790916b890287dce740a87a8d2c99000969cbab1535795022
命の危険を伴う爆発物処理班の給料や手当はいくらか? 

爆弾処理班が不審物の処理に当たったところ、中身がせんべいだったことがシュールな笑いを誘い、SNS上で話題となりました。

とはいえ、このような職種に就いた人は、本当に爆発する現場を幾度となく目撃しているので、常に最悪の可能性を想定して動いてるわけです。

海外ではこのような不審物がガチで爆発してるので、平和と言われている日本も警戒は必要でしょう。

そもそも、爆弾処理班になるのは思った以上に難しいのが現実です。

まず、有名大学の工学部や理学部で勉強して、国家公務員試験に合格して、都道府県採用の警察官として採用されることが必要です。

さらに、警察の中でも特殊技術や精神力が優秀な人材を集めるために、合格者の中から厳選され、厳しい訓練を経て初めて爆弾処理班への道が開かれます。

しかし、このような厳しい道のりや命の危険を伴う仕事だとしても、所詮は公務員なので給料は低いです。 

年齢が上がるに連れ給料は多くなりますが、25万円から55万円が彼らの平均給与と言われており、これではどんなに頑張って爆弾処理班になったところで、そこらの一般のサラリーマンと大して変わりません。 

SPONSORED LINK
 
fc64f649238afdbc4ba6879cff7bad92db9abd511535795022
危険極まりない業務にも関わらず、あまりにも手当が少ない 

手当に関しても、公務員は割に合わなすぎるのです。

たとえば、爆弾処理班の手当は、1日に何度作業しようと1,000円いくかいかないかで、これではお昼に定食でも食べたら終了でしょう。

常に命の危険を背負い、命がけの業務を遂行しているのにも関わらず、命の値段は意外と安かったのです。

これだったら、金銭面だけ考えたら安月給でも居酒屋のアルバイトでもしていたほうがマシなレベルで、どうして爆弾処理班になりたいのか分かりません。

公務員の給料について

警察官など公務員は命を張る仕事もありますけど、

命を張っているにしては給料が安いと思います。

ちなみに私は警察官ではないけど準公務員です。

それにバブルの頃の給料は知らないのですけど、

どんどんボーナスが下がってます(泣)

公務員は基本的に副業が禁止なので、本業で稼ぐしかないのが現状です。

しかし、本業でも大して稼げないので、ぶっちゃけ金目当てだったら大多数の人はとっくに転職しています。

そのため、これらの職種にお金目当てで就いている人は少ないと見られており、「日本を守りたい、日本に貢献したい」など、任務に誇りを持っている人が多いと言われています。

とはいえ、

「使命感だけで命を賭けることのナンセンスさ」

というのが、ネットの普及によって露呈し始めてしまっていることは確かのようで、彼らに全うな対価を払わなければ、このような命がけの職務に当たってくれる人は今後減り続ける可能性があります。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK


ロングウォーク: 爆発物処理班のイラク戦争とその後
ブライアン・キャストナー
河出書房新社
2013-11-27