796C1D62-14CF-4CA4-98BD-5326D67464FF
もはや墓石までもレンタルする時代。意外と人気らしい 

レンタル市場が急拡大しています。

ネットに押されてDVDレンタルは急降下していますが、物理的に生活に必要なモノは急速にレンタルに切り替わっています。

たとえば、自動車なんかはつい最近まで所有することが当たり前でしたが、「必要な時に借りて、不要になったら返却する」というマイカーリースが人気です。

今後、Uberのような白タクサービスが本格的に普及すれば、自動車を個人で所有する人はいなくなるでしょう。

レンタルの波は、バイク市場にも波及しています。

安値で気軽に乗れるのがウケており、今後はバイクもレンタルが主流になっていくのかもしれません。

SankeiBizによれば、レンタルバイクのお店に電話をして400ccのアメリカンを1時間だけ借りたいと申し出たところ、用意されたのはスズキ・ブルバード400で、料金はたったの1,100円だったそうです。

生まれて初めてのアメリカンバイクにまたがる感動もあれば、所有することによる税金やメンテナンス代を支払う必要もないので、レンタルはメリットだらけです。

「所有するだけで重税で罰金」

とされる車やバイクなんかは、もはやレンタルで十分と言えるでしょう。

SPONSORED LINK


レンタル市場は、モノではなくコト市場も活況しています。

たとえば、今は共働き世帯が増えたことで、洗濯や掃除、買い出しまでも代行してくれるサービスが急拡大しています。

メディアにもよく登場している家事代行サービス老舗のベアーズは、1時間あたり2,500円で品質が高いと評判です。

家事のクオリティはもちろんのこと、立ち振る舞い、言葉遣いと、徹底的に教育が行き届いており、家事にこだわりのある人でも安心出来るそうです。

昔は自分というリソースを全力投入することが当たり前でしたが、そのような常識は変わっています。

いわば、「時間をレンタル」です。

余った時間を自分の趣味の時間に使ったり、家族とレジャーの時間に使ったり、ショッピングを楽しむことで、限られた時間を充実させようと考える人が増えているということでしょう。

さらに、今は墓石もレンタル出来る時代になっており、料金は初期費用0円、月額2,900円からとリーズナブルで人気を博しています。

しかも、この中には字彫り、設置工事、耐震施工など、全て込みの価格でした。

貸与期間の多くは10年前後と設定され、トータルでは数十万程度に抑えられる計算になります。

「負の遺産にはしたくないが、自分の墓がないのは寂しい」

という声に応える形で、ここ5年前後の間に利用者が急上昇しています。

人気と言われる今のレンタルサービスは、これら以外にも洋服、彼氏、家電、家具など幅広くあり、これからの時代では「所有からレンタル」が当たり前になっていくのかもしれません。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK