D4A1E208-8F97-4DCF-8952-4221A3503407
会社や仕事で病んで、人生設計が狂ってしまう人は少なくない 

新入社員だけど将来が不安すぎて震えるwww

こんな仕事あと40年も続けられる自信ないわwww

仕事つらすぎマジもう無理www

新入社員は各部署への配属が終わり、先輩から仕事を教えられ、そこそこ仕事をさせてもらっている時期でしょう。

しかし、全く分からない仕事、見ず知らずの客とのコミュニケーション、資料作成方法など、初めは当然分からなすぎて辛い時期が続きます。

とはいえ、これらは誰しもが通る道なので、いつのまにか自然と仕事は出来るようになるので気にしなくても良いでしょう。

ただし、問題なのはその先です。

仕事が出来るようになっても、この社会はイージーモードになるわけがなく、次から次へと難易度の高い仕事に挑戦し続けなければなりません。

実際のところ、管理職になっても新入社員と同じように、

管理職だけど将来が不安すぎて震えるwww

こんな仕事あと20〜30年も続けられる自信ないわwww

仕事つらすぎマジもう無理www

と思っています。

さらに、年次を重ねれば新入社員よりも人間関係が複雑になり、大して給料が増えていないにも関わらず責任も重くのしかかってくるので、ぶっちゃけ新入社員よりも「マジもう無理www」と思っている人は多いです。

電車への飛び込みが多いのも、このような社会の闇が作用しているのは間違いありません。

SPONSORED LINK


さて、「マジもう無理www」と思っている新入社員や管理職こそ株式投資をして、収入の分散と精神負荷の分散を図るべきでしょう。

そもそも、人が仕事に追い詰められる最大の理由は、

「会社にしがみつかないと生活が破綻する」

ということです。

つまりそれは、収入が途絶えてしまうからで、会社に依存しているからこそ追い詰められるわけです。

そのため、会社への依存を断ち切るためにも、お金にも働いてもらうことで収入の分散化を構築する必要があります。

たとえば、三井物産や住友商事などの株を買えば、自分のお金は商社に就職したも同然で、配当という形でお金がお金を稼いで自分に分け前を与えてくれます。

さらに、三菱UFJやみずほ銀行の株を買えば、自分のお金はメガバンクに就職したも同然で、配当という形でお金がお金を稼いで自分に分け前を与えてくれます。

株を買えば買うほど、就職先は増えていき、お金が自分のために永遠に働き続けてくれるスキームが構築されるというわけです。

そのため、たとえ今の会社がつらくて辞めてしまったとしても、お金は失業していないので路頭に迷うことがありません。

今の会社への依存度はグッと下がり、精神的にも金銭的にも会社や仕事に追い詰められることは無くなるでしょう。

新入社員も管理職も、

「将来が不安すぎて震える気持ち」

を株式投資で和らげてください。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK