878b2cdd

いつも、勉強させてもらってます。

細やかな質問です。

今は円安のようなので、ドルへの変換を躊躇っています。

そんな躊躇が必要かどうか、聞きたいです。

SPONSORED LINK


躊躇は不要です。

米国株を買いたい時に、サクッとドルに転換して、買い付けをしてください。

将来的には、日本は円安の道を突き進むことになるでしょう。そのため、「ドル建て資産を持てる」というのは、それだけで大きな価値があります。

なぜ安くなるのか?

と言えば、国力の弱い国の通貨は安くなるのが原理だからです。

たとえば、昔から日本人が東南アジアに旅行に行くと、安くて美味しいものがたくさん食べられて人気です。これは日本に比べて東南アジア諸国の国力が弱かったから、円でたくさんの現地通貨と交換出来たためです。

しかし、今はそこまで安くは無くなってきました。これは、日本が成長しない一方で、東南アジアが急速に発展していることで円の価値が相対的に下がっており、現地通貨と交換出来る数が減ったのです。

日本が今後衰退の一途を辿る可能性が高い以上、将来的に円の価値は今よりもっと下がります。

そもそも、自国通貨の価格が安くなるということは、相対的に見て貧乏になっていくということです。そのため、世界の基軸通貨であるドルを持っている意味は大きいのです。

頭の良い富裕層は、資産を円で持とうとしません。

長期的な観点で、ドルなどの資産で防衛しています。

信用力から「今は」安全資産と言われている円ですが、日本は対外的に資産がある国だから安全と言われているだけで、今の日本は過去の資産を取り崩しているような状況なのです。

つまり、あと数十年経てば、”有事の円高説”が機能しなくなる時期は必ずやってきます。 

金持ちはこの事実に気付いているので、円で資産を保有せず、ドルで資産を保有するのです。

従って、「ドル転はいつしても問題無い」と言えるのです。
 
にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK