スクリーンショット 2018-07-05 0.23.36
(インタビュー出典:ブルームバーグ) 

あなたは2011年8月からAppleのCEOを務めていますよね。

現在までで収益が約80%も増加していますが、こう考えたことは?

「これ以上は無理だ」

「もう十分やったから、今度は別のことをしよう」

と。



私たちAppleは、株価や売上利益を次のように捉えています。

イノベーションや創造性の面で正しい行いをし、適切な製品に注力し、顧客を宝石のように大切に扱います。

収益の増加は、ユーザー体験に注力した結果であると言えます。



四半期の収益を発表するとき、アナリストはよく「予想よりApple製品が売れていない」と言いますね。

その見解に悩まされることはありますか?



昔は悩まされましたが、今はもう悩まなくなりました。

なぜなら、Appleは長期的な目線で経営しているからです。


SPONSORED LINK


いつも不思議に感じることがあります。

「新製品発売から90日間で何個売れたか?」という、強迫観念があることです。

しかし、私たちがしている意思決定は、いつも何年も先を見据えているからです。

私たちが会社を経営するのは、短期的な利益を求める人のためではありません。

長期的な視点で経営しているのです。



最近、Apple株を7,500万株追加取得した株主がいましたね。

そう、ウォーレン・バフェット氏です。

彼が株主になって嬉しいですか?



身震いするほど、大変嬉しく思います。

というのも、バフェット氏は長期的な視点で投資を考える人物だからです。

つまり、私たちAppleの経営方針と、バフェット氏の投資手法は同じであると言えるのです。

これ以上、幸せなことはありません。




Appleは長期投資には最適です。

売上高、利益率、保有するブランド力など、すべてがパーフェクトと言っても過言ではない企業です。

ティム・クックがCEOになってからというものの、一部では「イノベーションが失われた」と指摘されてはいるものの、iPhoneを筆頭とした圧倒的なユーザー体験をもたらす製品群は、他の企業では追従できないワイド・モートがあります。

さらに、Appleはジョブズの亡き後、株主還元に積極的な姿勢を示しています。既に増配年数は6年を経過しており、株価が大きく上昇しても配当利回りは2%弱あります。

配当性向もまだまだ低い水準であることから、今後も毎年大きな増配が期待できそうです。

S&P500ETFでもAppleは構成比率1位に組み込まれていることから、Apple株を保有する方法は個別株以外にも複数選択肢があります。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK