062E17DF-D7CB-4F93-AC05-1D049C723143
オリエンタルランドに投資するには100万円が必要だった 

投資をするには「ある程度元手が必要」と言われていますが、それはネット証券が普及していなかった遥か昔の話です。

インターネット全盛期の現在では、10万円もあればほとんどの株が買えてしまいます。また、10万円であれば海外株であっても手数料負けを防ぐ最低ラインとなるため、非常にキリの良い数字となります。

そのため、資産運用を始めたいと思うのであれば、まずは思い切って10万円を銀行口座から証券口座に移動して、何かの株を買ってみましょう。

「習うより慣れろ」

という格言がある通り、投資は勉強より実践の中で学ぶことが多いからです。

さて、先ほど10万円でほとんど買えると言いましたが、実際どれ程の株が買えるのでしょうか?

SPONSORED LINK


答えは、ホントにほとんどの株が買えてしまいます。

たとえば、日本株は100株単位でしか買えないので、任天堂やオリエンタルランド、ユニクロなどの高額銘柄はひとつ買うだけで数百万円の元手が必要になってしまいます。しかし、今は各証券会社のサービス拡充により、1株から買えるサービスが人気を博しているのです。

これは通称「ミニ株」と呼びますが、証券会社によりサービスの呼び名が異なります。SBI証券ではS株、カブドットコム証券ではプチ株、マネックス証券ではワン株です。

これらのサービスを活用すれば、任天堂やオリエンタルランド、ユニクロを買うために350万円から500万円の元手が必要になっていたところ、たったの3万円〜5万円で株主になれてしまうのです。これもひとえに、証券会社の努力により生まれたものでしょう。

さらに、海外株なら100株という制約は無いので、フツーに1株から購入可能です。今をトキメくAppleやMicrosoft、Facebookなどはたったの2万円で株主になれます。株価が急速に上がり続けているAmazonやGoogleだって、10万円ちょっと出せば買えます。

株主になれば、それだけであなたは企業のオーナーです。たったの1株でも、法律的にはあなたは世界的企業のCEOよりも偉いオーナーという立場になります。

1株買うことで、日々の株価の動きに慣れたり、株価変動の理由を調査することで経済の勉強が出来たりと、貴重な経験をたくさん積むことが可能です。

定年退職したてのサラリーマンが、数千万円の退職金を、やったこともないのに投資にブチ込んで大損をこくという話がよくあります。スポーツでも何でもそうですが、モノゴトは学習や経験を積まなければリカバリできない程の大怪我を被ります。

投資も全く同じで、まずは10万円くらいの額から少しずつ慣れていくことが大切です。

学習して、経験を積んでいき、一人前の投資家になっていきましょう。

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします♪

SPONSORED LINK