チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資)

米国高配当連続増配株を毎月買い続ける月間110万PVのチョコレート帝国ブログ。

チョコの株式投資Diary(米国株の高配当・連続増配株投資) イメージ画像

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします☆

更新情報

平均年収414万円を、転職する目安として考える 転職サービス「DODA」を運営するパーソルキャリアが、2018年版「正社員の平均年収ランキング」を発表しました。それによれば、今年の正社員の平均年収は414万円でした。調査は2017年9~2018年8月の1年間で、dodaに登録する20~
『2018年版の平均年収は414万円。これより低いなら転職しよう!』の画像

ボーナスは「おとぎ話の世界の出来事」と思う人もいる 今の季節、世のサラリーマンはウキウキが止まりません。なぜなら、半年に一度のボーナスが貰える季節であり、ボーナスを使って欲しかったモノを買ったり旅行で遊びまくるなど、12月というのは社畜が苦しい現実を忘れて
『冬ボーナスが貰えないサラリーマン。なんと半分近くの48%という結果に。』の画像

ごはんがその場で炊ける弁当箱が登場 「ランチくらいは楽しみたい」として昼に外食を繰り返すると、お金がみるみる無くなります。たとえば、ランチといっても都内では1,000円前後するわけで、これを月20日程度の出勤全てでランチをすれば、およそ20,000円使うことになります
『弁当や水筒の節約効果。毎月2万円以上お金が貯まる。』の画像

バフェットは、リーマン・ショックでアメリカを買いまくった 暴落を買えばリッチになれます。特にアメリカ市場であれば、今までの歴史を遡っても数年で回復することはほぼ確実であるため、暴落で買えばあっという間に大きな含み益を享受出来ます。たとえば、暴落を買うとい
『株価暴落を買って、リッチになれ!』の画像

私は関税マンだ!とツイートしたところ、ダウが暴落 今年の株式相場は荒れに荒れた1年だったと言えるでしょう。2月にはFRBの利上げ宣言によりリーマン・ショックを遥かに超える歴史的な大暴落が発生し、すぐさま対中貿易関税問題が勃発しました。そして、9月には歴史的な過去
『【2018年12月時点】NYダウ各銘柄の配当利回りランキング』の画像

2018年で最も稼いだYouTuberは、7歳のライアンくん 投資をすれば、経済成長の波に乗って資産を芋づる式に伸ばすことが可能です。たとえば、アベノミクスから投資を始めた人が「億り人」になった人は少なくありません。庶民の大半は労働者なので、フツーにサラリーマンとして
『庶民がネットひとつで大金を稼げる新時代!7歳で年収24億円のケースも。』の画像

株式市場にもクリスマス・セールが到来 900億ドルもの個人資産を持つウォーレン・バフェットは、アップル(AAPL)の株価が下がれば下がるほど嬉しいと言いました。なぜなら、安ければ安くなるほどに、少ない資金で優良株アップルが買えるからです。たとえば、iPad Proは10万円
『株はクリスマス・セールで買え!投げ売りする投資家は絶望的にセンスが無い。』の画像

退場さえしなければ”勝てる”のが株式投資 信用取引とは、株式投資において自己資金以上のお金を掛けることにより、秒速で爆益街道を突き進むことが可能な取引制度です。たとえば、現物取引で100万円の利益を得たとします。しかし、信用取引で3倍ものレバレッジを掛けてい
『信用取引はやめなさい。まず生き残れ、儲けるのはそれからだ!』の画像

来日当時、オバマは「尖閣諸島は日米安保の範囲」と発言した 排他的経済水域(EEZ)という言葉があります。これは、その国の経済的な国家主権がおよぶ海域を指します。この海域には領土が関係していて、日本で言えば尖閣諸島、竹島など中国や韓国に近い島があります。つまり、
『オバマ元大統領の約束。日本の領土は守られるか?』の画像

中国はアメリカからほぼ輸入してないため、関税強化は無意味 アメリカが中国への関税引き上げを、一時見送りすることが明らかになりました。声明によれば、関税引き上げを回避する条件として、中国がアメリカから農産物やエネルギー、そして工業製品などを買い入れること、
『中国はアメリカに降伏へ。中国株ブームに乗った投資家の哀れな末路。』の画像

↑このページのトップヘ