チョコの株式投資Diary(米国株中心の資産形成)

米国株中心に投資しています。 Profile:東証1部上場企業に勤めるITエンジニアさん

チョコの株式投資Diary(米国株中心の資産形成) イメージ画像

にほんブログ村 株ブログへ
1日1回応援お願いします☆

更新情報

確定申告で戻ってくるお金は結構ある。面倒だが覚えればラク わたしは出産ってほぼ無料でできるものだと思ってたら、妊婦健診で約6~7万、分娩と入院で19万自己負担した。 ほとんど貯金なかったし、産休入ってから手当でるまでに時差あって収入もなかったからまじでやばか
『出産育児一時金が貰えない?国は申請されると損するので、積極的に教えない。』の画像

チューリップ、仮想通貨、ITバブルと懲りもせず損をする人々 初代ドイツ宰相であるビスマルクは語りました。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」この格言は100年以上経った今でも、世界中の人々の心に浸透しています。そもそも、どの国でも学校では必ず歴史の授業があり
『投資バブルを学ばない人。愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。』の画像

驚くことに、デフォルトは世界各国で当たり前に起きている 経済が不安定な国は、ほんの少しのリスクが露呈するだけで、デフォルト懸念が高まります。たとえば、アメリカの経済制裁によりデフォルト懸念が勃発したトルコでは、トルコ通貨であるリラが大暴落し、トルコ国民は
『日本がデフォルトしないとは限らない?円よりドル資産を持つ重要性。』の画像

大暴落でも根気良くナンピンし、長期保有した投資家が勝った 2018年の株式市場は揺れに揺れています。FRB利上げ、中国との貿易戦争、北朝鮮問題、トルコショックなど、世界の秩序を保つ存在であるべきトランプ大統領が相場リスクとなっており、連日下がり続ける株価に嫌気が
『含み損は気にしないのが株式投資で勝つセオリー。長期保有でリスクはほぼゼロ。』の画像

転職すれば、確かに年収アップを狙える人もいるが… バブル期を超える好景気が到来し、企業はどこも人手が足りません。少し前までは憧れでしかなかった企業までもが多数の人材を募集しているため、少し能力が劣っていても期待採用されることもあります。そのため、今は空前
『転職ブーム。40代以上が転職すると年収が下がる。』の画像

収入と支出のコントロールで、誰でも投資資金は作れる 毎月たったの1万円を積み立てたところで、お金持ちにはなれないと考える人は多いでしょう。しかし、複利と時間を味方にすることで、1万円は1,000万円近くまでに変化します。たとえば、お給料が少なくて生活がギリギリだ
『【複利の魔法】毎月1万円の積立投資で、30年後には1,000万円。』の画像

妻は中国系で、生まれた娘には中国語の名前を付けているほど アメリカと中国の貿易戦争が激化する中、SNS最大手のフェイスブック(FB)はアメリカよりも中国側の味方のようです。フェイスブックは今年の夏に、中国に子会社を設立したと公表しました。現地のIT新興企業の支援を
『ザッカーバーグCEOは中国政府とズブズブ?大量虐殺があった天安門広場でジョギング。』の画像

需要が高ければ値段は高くなり、需要が下がれば安くなる 青森で開催されたねぶた祭では、300万人近くの参加者を記録し、熱狂のうちに幕を閉じました。そんな中、とある青森市内の駐車場でも「法外な値段」により、利用者が熱狂(発狂?)しています。駐車場はコインパーキング
『駐車場の料金1時間5,000円はボッタクリ?需要と供給で値段は決まる。』の画像

「働いたら負け」は散々バカにされたが、実際正しかった トマ・ピケティ氏の著書「21世紀の資本」は、700ページ以上にも及ぶ大作で、値段も6,000円します。決して読み易くないのにも関わらず、150万部も売れて全世界で大ベストセラーとなりました。なぜ、こんなにも売れたの
『「働いたら負け」は本当だった。世界を駆け巡ったピケティの「r > g」』の画像

↑このページのトップヘ