チョコの株式投資Diary

お金・投資の総合エンターテインメントブログ。米国株・日本株・不動産・貯金・保険・給料など、たくさんの金融ネタを独自の視点で一刀両断。

チョコの株式投資Diary イメージ画像

更新情報


ビットコインの投資が再び注目されている 世界経済が後退していくとの見解が相次ぐ中、値を上げていくと考えられるのがビットコインです。株式市場が暴落すると、ビットコインは株と反比例するように上昇して1BTC140万円まで戻りました。今現在は、一旦落ち着いて1BTC110万
『【重要】ビットコインを10万円分買い付けしたよ!投資初心者でもすぐに実践出来るコインチェックでの現物取引方法を優しく解説。』の画像

■不動産特化型の人気サービス不動産投資は多くの人にとって魅力的な投資と映っていますが、大きな壁が複数あって実際の投資に至る人は多くはありません。なぜなら、不動産投資をするためには、日常生活、日々の仕事で忙しい中、物件選定や契約に時間と手間がかかるためです
『【運用資産残高No.1】1万円から始める高配当3.5%〜10%の不動産投資型「CREAL」は、クリアな情報開示で安心して投資出来る優れたサービス。』の画像

安倍政権は昨年10月、消費税10%増税を予定通り実行しました。しかし、消費税はこれまで何度も先送りにされて来ました。もともと消費税は2014年11月に10%まで上げることが予定されていましたが、2015年10月に2017年4月に延期を表明、そして2016年6月に2019年10月に延期を表明
『【悲報】安倍総理「リーマン級が来たら増税しない」 →コロナ到来「増税してすぐにリーマン級来てしまった!経済のために増税しないと〜」』の画像

日本人はほぼ英語が出来ません。これは、日本は海に囲まれた島国であるにも関わらず1億を超える人口がいるし、内需だけで高成長を遂げられた稀な国であったため、そもそも英語を習得しなくても何の問題も無く生きていけたためです。しかし、世界を見渡すと独自の言語を使いな
『【イングリッシュ】英語が出来ないヤツは家畜以下!英語に圧倒的な優位性がある理由とは。』の画像

新型コロナウイルスでテレワークなどの「巣篭もり」が増える中、家で過ごす機会は格段に増えています。タワマンに住む人にとって、気になるのが「隣人の音」だそうです。住宅ジャーナリストの榊淳司氏によれば、20階建以上の集合住宅であるタワマンはもともと19階建以下のマ
『【恐怖】新型コロナウイルスによってタワマンの弱点が次々判明!タワマンブームは過ぎ去り大暴落が始まるwwwwww』の画像

人生お金じゃない、とわりと真面目に言っている脳内お花畑の人が日本には多いですが、残念ながらこの世はお金が全てです。お金さえあれば人生の悩みはほとんど解決する上に、人の心ですら買うことが出来るためです。しかしながら、年収が600〜800万円を超えると幸福度は頭打
『【真実】最新の研究結果「格差の拡大と共にお金と幸福の関係が以前より強くなっている」←まだ人生お金じゃないと言ってる人いるの・・・』の画像

これも、なんかいい話風にしてるけど、一番頭の悪い底辺の金の使い方なんだよな。「きちんと判断できる大人が10万円を子供のために考えて使ってやる」べきで、大人になってから10万ぽっち貰うより子供の時に使ってくれるほうが人生が豊かになる。LV1の時とLv60の時、はがね
『【正論】大人になってから10万ぽっち貰うより、子供の時に使ってくれるほうが人生が豊かになる。』の画像

ビットコインが120万円の大台を突破して以降、勢いは止まず上昇の一途を辿っています。ビットコインは2017年のバブル崩壊後、200万円から30万円まで急転直下に暴落し、ほとんどの投資家が含み損に喘ぐ「過去最悪のバブル」とも言われて来ましたが、当時の投資家は泣く泣く損
『【緊急】ビットコイン上昇止まらず!コインチェックで毎日300円からの積み立て投資を始めよう。』の画像

アメリカ政府が発表した中国企業と関係ない通信会社をまとめた「The clean network」リストNTTとKDDIは含まれているのにソフトバンクが含まれてない🤣 pic.twitter.com/Z309nVJSJd— denpa810 (@denpa810) August 6, 2020 その画像はアメリカ政府公式サイトから引用し
『【残当】ソフトバンク完全終了!?米国政府、中国とズブズブ企業と認定したことで高配当が消滅する可能性も。』の画像

昔から日本人はせっせと貯蓄する気質があり、投資にお金を回さないと言われています。しかし、実態は投資どころか貯蓄すら出来ない世の中になりつつあり、その水準は韓国にさえ負けている状況とのこと。稼ぐ男の必需品であるビジネス雑誌「プレジデント」によれば、ドイツ、
『【悲報】日本の貯蓄事情。韓国よりも貯蓄率は低く、先進国で最低水準。』の画像

アップルが再び世界時価総額ランキング1位に返り咲きました。サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが上場したことで、一時は2位に下落してしまったわけですが、コロナによるテレワークやリモート学習の需要を取り込み、怒涛の株価上昇を見せつけました。アップルの株価
『【最強】Apple、時価総額200兆円に到達!トヨタ自動車10個分の企業価値にwwwwwww』の画像

コロナで今やビジネスで必須アイテムになりつつあるビデオ会議等を行うコミュニケーションツールZoomですが、実は中国生まれの中国育ちのソフトです。Zoomを創業したのは中国山東省で生まれ、大学卒業後にアメリカに渡り、その後にアメリカ籍を取得したエリック・ユエン氏で
『【米中戦争】アメリカでZoom規制の可能性!コミュニケーションツールはMicrosoft Teams1強時代突入か。』の画像

ギャンブルにハマり、犯罪に手を染める事案が後を絶たない。日本郵便によれば、北海道支社に勤める江差愛宕郵便局の40代男性局長が、自分の管理しているATMから現金60万円を盗んでいたと発表しています。窃盗の理由は「パチンコ代が欲しかった」ためで、ギャンブルに溺れると
『【犯罪】パチンコ代がほしかった!郵便局長が自身の管理するATMから60万円を窃盗してしまう…』の画像

ルイヴィトンの服(300万円)GUCCIの服SPONSORED LINKルイヴィトンやグッチなどのハイブランドは、デザインはぶっちゃけ超ダサいのにブランドロゴが付くだけで人々はオシャレという風に意識を変えます。これはまさにブランド力の賜物であり、ブランド力を高めたメーカーは大し
『【衝撃】300万円のルイヴィトンの服、Gucciに続きついにクレヨンしんちゃんを模倣wwwwww』の画像

20年の非課税期間で資産運用が可能な「つみたてNISA」は、口座数が既に100万個を突破しており、利用者は20〜30代が4割を占めています。月々100円からOKという、お金の無い若者でも無理なく始められる手軽さも受け、裾野を広げています。2018年1月に開始から1年経過した本制度
『【朗報】つみたてNISAが若者に大人気!毎月100円から無理なく資産運用を始められるところが好感。』の画像

大人気トップアイドルの指原莉乃さんが元旦放送のテレビ番組に出演した際、「資産運用をしてみたい」と話をしていました。彼女はアイドル活動暦が長く、AKB48としての活動だったり、HKT48劇場の支配人だったり、女性アイドルグループのプロデューサーを務めるなど、様々なシ
『【朗報】指原莉乃の財テクが話題!マンション2部屋購入で資産運用に目覚める。』の画像

「33秒で満額成立!!」「人気すぎて投資すら出来ないwww」ひとたび新案件の投資を募集開始すれば、秒殺で満員御礼となってしまう超話題の投資サービス「Funds」から新案件が公開されました。案件名は「フリークアウト広告事業ファンド#1」、予定利回りは2.0%、募集金額は総
『【PR】33秒で満額成立の超ウルトラ人気サービスのFunds案件登場!利回り2.0%、運用期間12ヶ月の「フリークアウト広告事業ファンド#1」』の画像

お金のために、生活費のために一生働かなければならない。いくら働いても自由な時間とお金が増えない。こんな悩みを抱える人は多いのではないでしょうか?お金に困らない人生を送るためには、不労所得で「お金に働いてもらう」ことが何よりも重要です。しかし、学校教育では
『【注目】金持ち父さん貧乏父さんで学ぶ!年収300万円、貯金120万円からの不労所得だけで生活できるようになるために必要なお金の無料メルマガが熱い!!』の画像

今年、アメリカ在住の51歳の男性が宝くじで100万ドル(1億円)当選しました。日本人の感覚であれば、1億円も当選すればすぐさま高級車やブランド物などで消費することを思い付きますが、彼はすぐさま病院へ行くことにお金を使おうと考えました。というのも、アメリカでは医療に
『【悲報】アメリカ人男「宝くじで100万ドル当てた!これまで貧乏で行けなかった医者に行こう!」←結果…』の画像

20代ワイ「30代の上司が腹出てて情けない、ワイは絶対にあんな風にならんぞ」 30代ワイ「腹出てるけどまぁええか」ガチで腹凹まなくなる ガチで食う量減らさないと無理http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1594249467/ SPONSORED LINK歳を取れば取るほど、人
『【悲報】10代ワイ「腹出てるジジイども情けなさすぎやろ」』の画像

定価13,200円↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓SPONSORED LINK新型コロナウイルスで世界経済が逼迫している中でも、スニーカー投資ブームは依然として続いています。特に熱いのが中国で、毎日にようにスマホ片手にスニーカー専用アプリで市場動向をチェックしています。中には株式と全く
『【衝撃】スニーカー投資ブームが依然として継続中!10倍、100倍近くまで高騰する例も。』の画像


↑このページのトップヘ